Ceylon





 調理レシピ "香辛料を使ったスープ" には、4種類のカレーの作り方が載っています。インドの南に浮かぶ海に囲まれた島国 スリランカでは、豊富な魚介類がお料理に使われていますので、今回はスリランカ風の "シーフードカレー(समुद्री भोजन करी)" のレシピにしました。南インドやスリランカでは、ココナッツミルクを使ってサッパリと仕上げるのカレーが特徴です。

材料(2人分)

エビエビ4~6尾(背に包丁を入れワタをとる)
ヤリイカヤリイカ1杯(皮を取り、胴体を輪切りにする)
タマネギタマネギ(うす切り)1/2個
ピーマンピーマン(細切り)1個(シシトウ3~4本でもOKです)
ガーリックニンニク(すりおろし)1片(市販のチューブのものでもOKです)
ジンジャーショウガ(すりおろし)小さじ 1/2(市販のチューブのものでもOKです)
アオトウガラシ(青唐辛子)青唐辛子(輪切り)2本
シオコショウ(塩・胡椒)塩・コショウ適量
ショクブツユ(植物油)サラダ油大さじ 2
ココナツココナッツミルク1/2缶(200cc程度)
ミズ(水)200cc
ディルドライフェヌグリーク小さじ 2
ガラムマサラガラムマサラ小さじ 1/2
マスタード粒マスタード小さじ 1(市販のチューブのものでもOKです)
ターメリックターメリック小さじ 1/2
シナモンシナモンパウダー小さじ 1/3
レモングラスレモングラス少々
リクトウ(陸稲)お米1.5合
サフランサフランひとつまみ(水40ccで色を出す)
トウガラシ(唐辛子)鷹の爪2本(飾付け用)
ブーケガルニサラダ春菊少々(飾付け用 / パクチーなどでもOKです)


作り方

1.お米を研いで、色出ししたサフラン水と一緒に炊飯器に入れてセットしておきます。
2.お鍋にサラダ油を強火で熱して、ニンニク、ショウガ、青唐辛子、ターメリック、ガラムマサラ、粒マスタード、レモングラスを入れて、焦がさないようにサッと炒めて香りを出します。
3.レモングラスを取り出して、タマネギを炒めます。しんなりとしてきたら、海老と輪切りにしたヤリイカを入れて軽く炒めます。
4.ココナッツミルクと水、ドライフェヌグリークを入れて、いったん沸騰させて下さい。弱火に落としてピーマン(またはシシトウ)とシナモンパウダーを入れてかき混ぜ、蓋をして10分ほど煮込みます。その後、塩・コショウで味を整えて下さい。
5.お皿に炊いたご飯とお鍋の中身を一緒に盛り付けて、最後にサラダ春菊と鷹の爪で飾り付けをしたら完成です。

シーフードカレー






















 海洋貿易の盛んだったスリランカを含む南インド圏では、ヨーロッパやアラブから東側への中継地点でもあったため、ココナッツミルクや青唐辛子、レモングラスなど、様々な東南アジアの食材・香辛料が日常的に使われています。スリランカはお米もよく食べられている島国で、お茶の文化も発達しているなど、日本に近い点が見られるのでちょっと親近感が沸きませんか?
BR076