Calicut4





 インド圏の酒場メニューには "野菜のカレー" が並んでおり、「豆と野菜を多彩なスパイスで煮込んだ南インド料理」という説明書きになっています。調理レシピ "香辛料を使ったスープ" では、材料に "カブ" と "タマネギ" を使っています。前回 "シーフードカレー" を作った際に、南インド・スリランカ風で調理しましたので、今回はあえて "ネパール風" の野菜カレーのレシピにしてみました。豆はお手軽なレンズ豆を使い、青唐辛子を使って少し辛めに仕上げています。

材料(2人分)

カブカブ1個(8等分に切る、葉の部分はザク切りにする)
ナス茄子2個(ヘタを取り除き、縦に8等分に切る)
ジャガイモジャガイモ2個(皮をむいて8等分に切る)
キノコしめじ1/2袋(石突きを取ってバラバラにする)
アオトウガラシ(青唐辛子)青唐辛子2~3本(細かく輪切りにする、1本は飾付け用)
トマトトマト1個(粗みじん切り)
タマネギタマネギ1/2個(みじん切り)
シオ(塩)000_ヨハク適量
ショクブツユ(植物油)サラダ油大さじ 3
ミズ(水)350cc
クスクスレンズ豆少々
ガーリックニンニク(すりおろし)2片(市販のチューブのものでもOKです)
ジンジャーショウガ(すりおろし)小さじ 1(市販のチューブのものでもOKです)
ディルドライフェヌグリーク小さじ 2
クミンクミンパウダー小さじ 1
コリアンダーコリアンダーパウダー小さじ 1
ターメリックターメリック小さじ 1
トウガラシ(唐辛子)チリペッパー小さじ 1/2
レモンレモン汁大さじ 1程度
リクトウ(陸稲)お米1.5合
サフランサフランひとつまみ(水40ccで色を出す)
パセリ乾燥パセリ少々(飾付け用)


作り方

1.お米を研いで、色出ししたサフラン水と一緒に炊飯器に入れてセットしておきます。
2.大きめのフライパンにサラダ油を強火で熱して、ニンニク、ショウガ、タマネギを入れて、しんなりとするまで炒めます。水 200ccとジャガイモを入れて、蓋をして2分ほど火を通します。
3.トマト、茄子、カブ、シメジ、レンズ豆を入れてザックリと混ぜ合わせ、弱火で蓋をして2分ほど蒸らします。
4.ドライフェヌグリーク、コリアンダーパウダー、ターメリック、チリペッパー、クミンパウダー、青唐辛子を入れて、焦がさないように手早く炒めます。全体が混ざり合ったら、水150ccを加えて、蓋をして弱火でさらに煮込んでいきます。
5.野菜類に完全に火が通りクタクタになってきたら、蓋を取って強火で汁気を飛ばします。水分がほとんど無くなったところで、レモン汁を加え、塩で味を整えて下さい。
6.大きめのお皿に炊きあがったご飯と野菜のカレーを盛り付けて、最後に飾り付け用の乾燥パセリ、青唐辛子を乗せたら完成です。野菜オンリーでもヘルシーで良いですが、から揚げやチキンティッカなどのお肉類を合わせると、バランスが良いですね。

野菜のカレー






















 DOLの酒場メニューで説明されている "南インド" 風のカレーは、一般的にココナッツミルクを使ってサッパリと仕上げたものが多いです。一方、今回のレシピではネパール料理の "アル・ベンタ・タルカリ" と呼ばれる、ドライカレー風の調理方法を紹介しています。南インド風で作りたい場合は、"シーフードカレー" のレシピを参考にしてみて下さい。
BR091