SanktPeterburg3





 調理レシピ "ロシアの酒場料理" には、"ワイン漬け羊肉の串焼き" の製法が記載されています。完成品の "シャシュルィーク(Шашлик)" は、黒海とカスピ海の間に位置するコーカサス地方に伝わってきた、トルコの "シシュ・ケバブ(Şiş Kebabı)" が基となったと云われています。トルコ圏ではヨーグルトベースのタレで下味を付ける事が多いですが、寒さが厳しく "家畜の乳" が貴重なロシア地域では、ヨーグルトに代わりにワインを使って漬け込んできたのだそうです。

材料(2人分)

ヒツジニク(羊肉)羊ブロック肉300g(食べ易い大きさでサイコロ状に切る)
ワイン赤ワイン70cc
ガーリックニンニク(すりおろし)1片(市販のチューブのものでOKです)
タマネギタマネギ(みじん切り)1/2個
オリーブユ(オリーブ油)オリーブ油大さじ 1
シオコショウ(塩・胡椒)塩・コショウ適量(塩は小さじ 1程度、コショウはお好みで)
ローリエローリエ1枚
ガラムマサラガラムマサラ小さじ 1/2
ブールライ麦パンお好みで
サラダサラダお好みで


作り方

1.大きめの食材保存バッグを用意して、赤ワイン、ニンニク、タマネギ、オリーブ油、塩・コショウ、ローリエ、ガラムマサラを入れて、よく混ぜ合わせます。切り分けた羊の肉を入れて、空気を抜くようにチャックをして、冷蔵庫で20時間以上寝かせておきます。
2.漬け込んだ羊肉を竹串や鉄串に通して、250℃に予熱したオーブンで17分かけて焼き上げます。オーブンによって熱量に差があるため、焼き時間は調整して下さい。魚焼きグリルで焼き上げてもOKですよ。
3.大きめのお皿に、焼きあがった羊肉の串焼きを盛り付けます。ライ麦パンやフランスパン、お好みのサラダなどを添えたら完成です。

シャシュルィーク






















 "シャシュルィーク" は、広大なロシア国内および旧ソビエト連邦の全域にわたって食べられているそうです。DOLではウクライナ語に近い発音が料理名になっていますが、ロシア語では "シャシリク(Шашлык)" と呼ばれています。トルコ圏に由来するため、古くからラムやマトンが使われていたそうですが、牛肉・豚肉・鶏肉・魚肉などの様々な "シャシュルィーク" が食べられているのだそうですよ!
BR097