Lopburi2





 酸っぱくて辛い海老の煮込みスープ "トムヤムクン(ต้มยำกุ้ง)" は、世界的に有名なタイ料理の一つです。DOLでは、インドシナの酒場メニューとして並んでおり、調理レシピ "東南アジア秘伝料理・陸" で作ることもできます。タイでは数種類のハーブやスパイスを煮込んで作りますが、その中でも "ガランガー(南姜)" と呼ばれるタイの辛い生姜が日本ではとても手に入りにくいため、代わりに市販の "トムヤムペースト" を使って作るのが簡単でお薦めです。

材料(2人分)

エビ有頭エビ4~6尾(殻をむき背に包丁を入れワタをとる)
キノコシメジ1/2袋(石突きをとってバラバラにする)
トマトミニトマト3~4個(ヘタをとって半分に切る)
タマネギタマネギ(うす切り)1/4個
ガーリックニンニク(すりおろし)1片(市販のチューブのものでもOKです)
コネギ小ネギ(小口切り)2本
トウガラシ(唐辛子)鷹の爪1本
ローリエバイマックルー5~6枚
ココナツココナッツミルク大さじ 2
ミズ(水)450cc
コリアンダーパクチー少々(飾付け用)
ナンプラーナンプラー大さじ 1
コンソメスープ000_ヨハク顆粒鶏ガラスープ小さじ 2
サトウ(砂糖)砂糖小さじ 1
ジャムトムヤムペースト50g
レモンライムジュース小さじ 1
レモングラスレモングラス1本(約15g、軽く潰して斜め切りにする)


作り方

1.お鍋に水とバイマックルーを入れて強火にかけ、香りを出します。沸騰したら中火に落とし、タマネギ、ニンニク、鷹の爪、顆粒鶏ガラスープを入れて、3分ほど煮込みます。
2.シメジとミニトマトを入れてさらに煮込み、ミニトマトの皮が柔らかくなってきたところで、ナンプラー、砂糖、ココナッツミルク、レモングラス、トムヤムペーストを入れてよく混ぜ合わせます。
3.海老を入れて蓋をして、弱火で10分ほど煮込みます。その後、火を止めてからライムジュースを入れて、軽くかき混ぜます。
4.深めのスープカップなどにお鍋の中身を盛り付けて、最後に小ネギとパクチーで飾り付けをしたら完成です。

トムヤムクン






















 "トム(煮る)" と "ヤム(混ぜる)" という言葉から成り立っており、その後に "クン(海老)" や "ガイ(鶏)" などの素材名が続きます。 "トムヤム" の起源はあまりはっきりと判っていためタイ南部の発祥と考えられていましたが、アユタヤ朝やトンブリー朝の全域に古くから存在していることが判り、最近ではタイ中央部からラオスにかけてが由来と云う説もあるそうです。
BR110