DOL公式サイト DOL@Web DOLまとめwiki 大航海時代DB Twitter RSS Feed FC2 BlogRanking

Trattoria Waals ~ 大航海時代Online × 料理レシピ ~

大航海時代Online Eosワールドで活動する ワールス家 のプレイ日記とお料理レシピ集「トラットリア・ワールス」です。

カテゴリ:調理レシピのメニュー

 2015年10月6日のアップデート "Atlantic Ocean" で、調理レシピ「西地中海の名物料理集」に追加された "カボチャのポタージュ" です。15世紀くらいから濃いとろみのあるスープ全般を "ポタージュ(potage)" と呼ぶようになったと云われており、現在ではフランス語が語源と ...

 日本でも有名なトルコ料理 "ドネルケバブ(döner kebabı)" のことを、ギリシャ語では "ギロス(Γύρος)" と呼びます。これをピタパンで包み込んだサンドイッチが、"ギロピタ" もしくは "ピタ・ギロス(Πίτα Γύρος)" になります。お肉は主に羊が使われる ...

 調理レシピ "東南アジア秘伝料理・陸" で作ることのできる "グリーンカレー(Green Curry)" は、タイで食べられている "ゲーンキャオワーン(แกงเขียวหวาน)" と呼ばれるスープ料理です。ペーストを作る際に使われるプリッキーヌ(青唐辛子)やバイマックルー ...

 DOLにはいろいろな種類のカレーが登場しますが、調理レシピ "東南アジア秘伝料理・陸" には、ミャンマー由来のカレー料理 "ヒン" の作り方が載っています。スパイスは控えめ、油が多めが特徴のミャンマー料理の副菜で、様々な具材を使って作られてお米と一緒に食されていま ...

 インドシナ地域の酒場メニューには、米粉と水で作られたベトナムの代表的な麺料理 "フォー(phở)" が並んでいます。鶏肉や牛肉などから出汁をとり、ニョクマムと呼ばれる魚醤を加えて作ったあっさりとしたスープに、ライスヌードルを入れて食されます。使う素材によって ...

 インドシナ地域の酒場メニューには、"ゴイ・クォン(Gỏi Cuốn)" いわゆるベトナム風生春巻きが並んでいます。"ゴイ" は和える、"クォン" は巻くという意味を持っており、ライスペーパーで巻いたサラダ全般をこの名前で呼ぶのだそうです。調理レシピでは材料に豚肉が使わ ...

 酸っぱくて辛い海老の煮込みスープ "トムヤムクン(ต้มยำกุ้ง)" は、世界的に有名なタイ料理の一つです。DOLでは、インドシナの酒場メニューとして並んでおり、調理レシピ "東南アジア秘伝料理・陸" で作ることもできます。タイでは数種類のハーブやスパイスを煮 ...

 2016年4月19日の大型アップデート "Age of Revolution" で実装された "産業革命" ですが、生産工場内にある "調理台" で料理アイテムの生産が可能になっています。新たに実装された調理レシピ "生産技術書・調理基本編" では、"カレー&ライス(Curry & Rice)" の製法が載 ...

 調理レシピ "香辛料を使ったスープ" には、"鶏肉を使ったインド風スープ" である "チキンカレー(चिकन कोरमा)" の作り方が載っています。一般的に "カレー(Curry)" と呼ばれている香辛料の煮込みスープですが、インドでは "コルマ(कोरमा)" と呼ばれてお ...

 調理レシピ "おもてなし肉料理" には、"特大のビーフステーキ" という調理メニューが載っており、完成品は "半ポンドのビーフステーキ" になります。調理レシピで使われているハーブ "タイム(thyme)" は、抗菌や殺菌作用にも優れていたため、大航海時代以降は世界中の様 ...

 カリブ海に位置するアンティル諸島では、現地の食材と海外から持ち込まれた文化が融合して生まれた "クレオール(Creole)" と呼ばれる料理がよく見られます。調理レシピ "秘伝・カリブ料理" に載っている "白身魚のトマトソースがけ" もその一つで、ドミニカで食べられて ...

 調理レシピ "北海の魚介料理" には、"ニシンの燻製(Kippered Herring)" の作り方が載っており、北海の周辺地域ではアイルランドの名産品として人気があります。"燻製" は煙を出して燻す必要があるため、家庭では敷居が高いと思われがちですが、実は室内(キッチン)でも ...

 調理レシピ "手軽で栄養豊富な豆料理" には、"そら豆のスープ" の調理法が記載されています。そら豆はDOLの交易品としても、カサブランカからアレクサンドリア、スエズにかけて取り扱われている通り、地中海のマグリブ地域から西アジア近隣が原産と云われています。新石器 ...

 ダブリンの道具屋で売っている調理レシピ "パイを極めよう" には、"アップルパイ(Apple Pie)" の作り方が載っています。古くからパイ料理の歴史を持つイギリスでは、お皿に入れたリンゴのコンポートにパイ生地を被せて焼くものを "アップルパイ" と呼んでいましたが、北 ...

 調理レシピ "ロシアの酒場料理" には、"ワイン漬け羊肉の串焼き" の製法が記載されています。完成品の "シャシュルィーク(Шашлик)" は、黒海とカスピ海の間に位置するコーカサス地方に伝わってきた、トルコの "シシュ・ケバブ(Şiş Kebabı)" が基となったと云 ...

 サンクトペテルブルク(ロシア)の酒場メニューには、"ウハー(Уха)" と呼ばれる白身魚のスープが並んでいます。スズキやサワラ、チョウザメなどの様々な魚を使って作られており、野菜と一緒に煮込んで、塩・コショウでサッと味付けをするシンプルなスープです。庶民か ...

 北米西岸の酒場メニューには、貝の代わりに鮭を使ったクラムチャウダーである、"サーモンチャウダー(Salmon Chowder)" が並んでいます。北米大陸でもバンクーバーなどのカナダ圏や、アラスカ地方の港町などでよく食べられており、牛乳や生クリームを使った "ニューイング ...

 "グラタン(Gratin)" はフランス語が由来となっており、火にかけてお鍋にこびり付いたオコゲを "搔き取る(gratter)" という言葉が基になったとも、料理の仕上げに粉物(パン粉やチーズ)を振りかけて焼き上げるという調理法 "グラティネ(gratiner)" から出来たとも云 ...

 フィレンツェ調理職人の固定レシピで作成できる "鮭のパイ包み焼き" は、16世紀限定レシピになっています。フランスでは14世紀頃に "パイ生地(Pâtes levées feuilletées)" が発明されたと云われており、その原型は古代ギリシャやローマで食べられていた生地だったのだ ...

 インド圏の酒場メニューには "野菜のカレー" が並んでおり、「豆と野菜を多彩なスパイスで煮込んだ南インド料理」という説明書きになっています。調理レシピ "香辛料を使ったスープ" では、材料に "カブ" と "タマネギ" を使っています。前回 "シーフードカレー" を作った ...

 調理レシピ "日本の名物料理" で作ることの出来る "ぜんざい(善哉)" は、説明するまでもなく "小豆" を甘く煮て餅などを加えて食べる "和スイーツ" の代表です。作る地域によって汁気の有無や、餡に加える材料が違ってきたりしますが、一般的には "こしあん" ではなく " ...

↑このページのトップヘ